★食べてはいけない食材

マーガリンはNo thanks?オイルのプラスティック化?

投稿日:2016年10月28日 更新日:

☆大きな誤解

ずっとマーガリンは、植物性なので動物性のバターより健康のためにいいと信じていました。

私だけでなく、そう思って、朝のトーストには、バターでなくマーガリン!を塗っている人が多いのではないでしょうか?

しかし、私は、アンチエイジングを研究し出してから、顔につける外的なエイジング以外に、口に入れる食べ物についてもいろいろ調べたしました。

そうしたら、「うう・・・・・ん。唖然!」と無言になってしまうほど

衝撃を受けたのです。

ああ、私はなんて無知だったのでしょうか?

現代は、本当に便利な世の中になりました。

しかし、その分、商業的にもビジネス化してしまい、

企業は、便利を優先=コスト優先=利益中心を追求していっています。

その結果、健康への害とかいうことが後回しになってしまっています。

これは、もう素人では分かりません。

あとは、自分で調べるしかないです。

植物性の油脂と、動物性の油脂の違いの常識

動物性の油脂は、「飽和脂肪酸」をいうものを多く含んでいてコレストロール値をあげます。そして、それが動脈硬化や心筋梗塞などのリスクを高めます。

一方、植物性の油脂は、「不飽和脂肪酸」というものを多く含みます。これによってコレストロール値を下げます。植物性の油脂は、溶ける温度が低いので常温では体の中で固まることがないのです。

健康的には、植物性の油脂の方が勝ちです!

私の知識は、ここまでだったので、バターを使わず、あえてマーガリンを使っていました。

butter_bread

また、経済面でも、バターよりマーガリンの方が安くて毛頃なのでマーガリンを選んでいました。

たぶん、皆さん同じだと思います。

But! ここからが問題です!

ビジネスの面で、商業的に考えると、マーガリンには大きな弱点があったのです。

それは、植物性の油脂の方が、動物性の油脂より酸化しやすいということです。

酸化しやすいということは、品質は、劣化しやすいという事。

つまり、日持ちがしないという事なのです。

この日持ちしないということは、商業的には、大きなマイナスです。

しかし、現代の科学の力はすばらしくて、このマイナス点はすぐに改善できたのです。

スポンサーリンク

トランス脂肪酸に変化?

科学の力→「水素添加」という化学処理です。

この水素添加で、原子を移動させた結果、日持ちのよい植物性の油脂になるのです。

移動=英語でトランスです。

だから、この原子が移動したあとの植物性の油脂を「トランス脂肪酸」と読んでいるのです。
トランス脂肪酸という言葉は聞いたことはありましたが、どうしてトランスなのか?なと日頃思っていた謎が解けました。

これは簡単にいうと、植物性の油脂が、この水素添加という化学処理によって、常温でも個体を保って、酸化しにくくなるトランス脂肪酸に変わって、つまり日持ちがよくなった。という事です。

商業的には、日持ちがよくなったというのは、GOOD NEWS!でしょうね。

また、コスト面でも、バターよりこのトランス脂肪酸のマーガリンの方が圧倒的に安いので、商業的にはマーガリンウエルカム!なのです。

オイルのプラスティック化

ジョン・フィネガンというアメリカ人の本によると、

この水素添加した脂肪の分子を顕微鏡で見たら、これはプラスティックにとても似ていたそうです。

アメリカでは科学者たちが、このことを、オイルのプラスティック化と読んでいたらしいです。

「ええ?プラスティック??」

つまり、「トランス脂肪酸」ってプラスティックなの?

「が〜ん!」です!

危険な化学物質?

トランス脂肪酸は、肝臓に悪影響を与えて、善玉コレストロールを減少させてしまいます。動脈硬化も起こしやすくします。

また、ガンを発生させる原因にもなります。

今や、アメリカやヨーロッパの各国ではトランス脂肪酸の危険性が広く知れ渡っています。

マーガリンは食べてはいけない?食べてもいい?

渡辺雄二さんの著書

「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物という本によると、

マーガリンの3段階の判定結果は、◯ or △ or ペケ では「△」でした。

660nothanks

「どちらか迷ったらバターを買おう」となっていました。

pencil4_l興味ある方は、この本を読んでみてください!(他のいろいろも食べれなくなりそう・・・です。)

↓↓↓

私の判定

私は、科学者ではないので、化学的には、自分で証明はできません。

しかし、幸い、仕事がら英語の翻訳とかもしているので

アメリカの文献などにも目を通せます。

トランス脂肪酸の研究は、アメリカが日本よりも早く、進んでいます。

最近は、朝食のトーストには、バターもマーガリンも塗っていません。

あまり頑なになったら人生楽しくないので、時々は、バターは塗りますが・・・。

でも、マーガリンは、NO THANK YOU!です。

pencil4_l 興味ある方は、この本も読んでみてください!いろいろ考えさせられます・・・。

↓↓↓

profilemini♪ヴィクトリア

スポンサーサイト

人気の記事ベスト8

1
ライスパワーNO.11比較!「ライスフォース」VS「ライースリペア」どちらが勝ち?

ライスパワーNO.11で有名な「ライスフォース」 ケーブルテレビを見ていると、最近「ライスフォース」のコマーシャルをよく見かけます。 ライスパワーエキスを使った化粧品として有名ですね。 宣伝のキャッチ ...

2
「SK-2」VS「アルケミー」発酵系化粧品どちらがいいですか?

SK-2のお化粧品を使っていました。 以前、私は、SK−2のお化粧品を使っていました。 有名な「ファイシャル トリートメント エッセンス」 それから、美容液も! 「フェイシャルトリートメントリペアC」 ...

3
日焼け止めを選ぶ前に、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを知ろう!「HANAオーガニックのウェアルーUV」は紫外線吸収剤不使用!

日焼け止めに何を使っていますか? 私は、日焼け止めに「HANAオーガニックのウェアルーUV」を使っています。 なぜなら、それは、紫外線吸収剤が使われていないから。 この「HANAオーガニックのウェアル ...

4
ほうれい線・たるみの改善には筋肉を引き締める効果の美容液を!

たるみの改善にあらゆるものを試す! 老けて見える「たるみ」 ほんとうに嫌ですね。 「たるみ」は、エイジングで嫌なもののたぶんベスト1か2だと思います。 (つまり、ワースト1か2です!) たるみがあると ...

5
「Bp300プラセンタ」と「エイジングリペア」を比較!どっちが勝ち?

以前の馬プラセンタの中でのトップ2 馬プラセンタのサプリメントを飲み始める前に、徹底的に調べて私の中でのトップ2は、 「TP200か?」 「エイジングリペアか?」 の2つでした。 一長一短で、簡単にい ...

6
アテニアの「スキンクリアクレンズオイル」の成分は?肌のくすみを取り除こう!

お肌のくすみ お肌のくすみは、疲れてみえる。 高校生の姪っ子に、会うたびに若い肌を羨ましく思います。 もちろん、ファンデーションも何もつけていない素肌です。 そして、鏡で自分の顔を見ると、、、。 ため ...

7
白髪染めにうんざり!2016年モンドセレクション優秀品質金賞サプリは救世主か?

染めても染めても根元に白いものが・・・ 私の白髪染めのパターン。 やっと落ち着きかけてきました。 いろいろ渡り歩いたカラートリートメントの中からは、「ラサーナヘアカラートリートメント」に行き着いて、そ ...

8
顔や首元のプツプツ粒イボにさようなら!

☆老化現象の粒イボ 夏の強い紫外線を浴びたあとの秋のお肌は、乾燥しています。 乾燥が進むとお肌のバリア機能の役割をしている皮脂膜が作られなくなってしまいます。 その結果、お肌の新陳代謝のリズムが乱れて ...

-★食べてはいけない食材

Copyright© アンチエイジングウーマン美を追求☆10才若返る美容法教えます♪ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.