★食べてはいけない食材

ウインナーに発がん性が?その事で、夫婦喧嘩に!

投稿日:2016年11月2日 更新日:

ハズバンドの朝食メニュー

私のハズバンドは、私と違って、

これを食べると決めたら毎日同じものを食べます。

朝食のメニューがそうなのです。

Rights Licensed, (to above named client)) - Exclusive, Unlimited Usage for a period of 10 years. Rights licensed only upon full payment of corresponding invoice.

point049_03 ハズバンドの定番朝食メニュー

1、マーガリンたっぷり塗ったトースト2枚

2、サニーサイドエッグ(目玉焼き)

3、粗挽きウインナー2〜3本

4、リンゴ4分の1個

5、バナナ1本

6、コーヒーwithミルク

7、時々ポテト

目玉焼きと、リンゴとバナナはよしとします。

マーガリンのことは、以前のブログで書きましたが、

今回の話題は、マーガリンについては述べません。(前の記事、読んでね!)

問題は、3番目のウインナー!

001

確かに、噛んだらプチーッとお汁が飛び出してくるプリップリの

ウインナーに粒マスタードを付けて食べたら美味しいですよね!

私も、ウインナーは大好きなので朝食で、時々は、食べます。

しかし、こんなニュースが去年世間をにぎわしたのを知っていますか?

それ以来、少し引いてしまいました。

世界保健機関(WHO)が大腸がんのリスクを発表

2015年10月に、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)が、

ハムやソーセージやウインナーなどの加工肉発がん性がある物質に指定したのです。

具体的には、ハムやソーセージやウインナーなどの加工肉を毎日50gずつ食べた場合、

大腸がんになるリスクが18%増えると発表しました。

50gというと、ハムで3〜4枚。ウインナーで2〜3本です。

ええっ?

ハズバンドは、必ずウインナー2〜3本!食べています。

それもほぼ毎日です。

年間365日のうち、360日くらいです!

これは大変です。

つまり、毎日ウインナーを2〜3本食べていると、大腸がんになる確率が18%上昇するというのです。

国際がん研究機関(IARC)は、約800の研究論文を踏まえて結論付けたとのことなのです。

それだけでなくハムやソーセージやウインナーなどの加工肉の発がん性の評価を5段階で、

喫煙やアスベストと同じ最高レベルに分類しました。

ハズバンドは、健康のためにと、タバコをやめました!

でも、ウインナーを毎日2〜3本食べているということは、喫煙しているのと同じ発がん性の評価なのです。

スポンサーリンク

ウインナーに含まれる添加物

それは、ずばりハム、ソーセージやウインナーに含まれる添加物のせいなのです。

img_5231

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真はハズバンドが、好きな粗挽きウインナーです。

私がスーパーで買わなくてもハズバンドは、自分で買ってきます。

子供じゃないので、そこまでは阻止することはできません。

point049_01 亜硝酸ナトリウム

お肉は、そのまま時間がたつと、黒ずんできます。

それは血液や筋肉の色素が、空気中の酸素と反応して変色するからです。

酸化です。

黒ずんだお肉は、食べたくないですよね。

それと同様に、黒ずんだハムや、ウインナーは、嫌ですよね。

そこで商業的に使われるのが、この亜硝酸ナトリウムなのです。

この亜硝酸ナトリウムは、きれいなお肉の色をそのまま変化させないために使用されます。

亜硝酸ナトリウムが化学反応を起こして安定したきれいな色を持続させるのです。

この色は、長期間変わりません。

しかし、この亜硝酸ナトリウムは、毒性が強くて、猛毒の青酸カリと同じくらいと言われているそうです。

また、この亜硝酸ナトリウムは、お肉に多く含まれているという物質と結合してニトロソアミン類という強い発がん性のある物質に変化するというのです。

ラットでの実験では、長期間与えると肝臓や腎臓にがんを引き起こしたとのこと。

point049_01 リン酸塩(Na)

これは、ハムやウインナーを製造する時に、お肉のくっつき度合いを高めるための接着剤のような役割を果たすものです。

このリン酸塩のおかげで保湿性を高めて、弾力や食感がアップして、

噛んだらプチーッとプリップリなのです。

反対に、このリン酸塩がないと、パサパサです。

ハム、ソーセージの歴史は、古く12〜13世紀に全ヨーロッパえハムやソーセージが作られていました。

これは保存のために塩付けにしていたのです。

12〜13世紀のハムやソーセージを、今、味合うことはできませんが、

その時代は、リン酸塩は、使っていなかったので

今のようにプリップリでなく、きっとパサパサだったのだと思います。

このリン酸塩は、ラットに与える検査では、腎臓に障害が見られたそうです。

また尿細胞にも炎症が見られたとの結果がでています。

リン酸塩はカルシウムや鉄分の吸収を悪くするといわれており、

摂取量によっては骨がもろくなったり、貧血を引き起こす可能性もあるそうです。

これを書いているだけで、「ウウウー・・・・・」と無言になってしまいます。

食べないように指摘すると夫婦喧嘩に!

ハズバンドに、毎日食べるのはやめた方がいいと指摘をしました。

しかし、彼は、自分の好きなものは、好きなだけ食べる!と

とてもスタバーン(頑固)で、私の意見に耳を傾けません。

ただし、大事な大事なハズバンドに、がんになってもらっては困ります。

ここで、引き下がれません!

何度も言いました。

そのたびに、ハズバンドは、「またか?」と不機嫌に。

夫婦喧嘩です。

とても仲のよい私たちが、どうして、ウインナ2〜3本のことで喧嘩をしないといけないのでしょうか??

喧嘩がエスカレートして、離婚とかなった場合、

離婚の原因は、2〜3本のウインナーですなんて お笑いです。

食べる頻度の問題

喧嘩になったのですが、ここは、大和撫子、日本の女性です。

ハズバンドを立てて、少しは引き下がらないと・・・いけません。

そこで、毎日だからダメなのよ。

週に、1回か。週に2回にして頂戴!と懇願しました。

だってそれも愛するハズバンドの健康のためですから。

そうしたら、ハズバンドも、「わかった!」ととても素直な返事。

きっと内心、「ええ?発がん性?」と心配な気持ちもあったのに、

「好きなものは好きなだけ食べる!」と叫んだので、もう振り上げた手を下ろせなくなったのでしょう。

男性としては。

でも、すぐに「わかった!」なんて、かわいいものですね。

やはり、食べ物は、頻度の問題と思います。

悪い添加物のものも、毎日食べるから体によくない。

ほんのたまになら 問題ないと思います。

私は、週に一回。

夫は、自然に、週に1〜2回。ウインナーを食べます。

私は、週に1回にしました。

たまに、食べると美味しいです。

朝食ではなく、夜 ビールと一緒に食べるのも美味しいです。

なお、

これら有害と言われている添加物を含まないハムや、ソーセージやウインナーもあります。

あえて、探していないのですが、

週に1回でも食べるのなら添加物なしのハム、ソーセージ、ウインナーを探してみようと思います。
profilemini♪ヴィクトリア

スポンサーサイト

人気の記事ベスト8

1
ライスパワーNO.11比較!「ライスフォース」VS「ライースリペア」どちらが勝ち?

ライスパワーNO.11で有名な「ライスフォース」 ケーブルテレビを見ていると、最近「ライスフォース」のコマーシャルをよく見かけます。 ライスパワーエキスを使った化粧品として有名ですね。 宣伝のキャッチ ...

2
「SK-2」VS「アルケミー」発酵系化粧品どちらがいいですか?

SK-2のお化粧品を使っていました。 以前、私は、SK−2のお化粧品を使っていました。 有名な「ファイシャル トリートメント エッセンス」 それから、美容液も! 「フェイシャルトリートメントリペアC」 ...

3
日焼け止めを選ぶ前に、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを知ろう!「HANAオーガニックのウェアルーUV」は紫外線吸収剤不使用!

日焼け止めに何を使っていますか? 私は、日焼け止めに「HANAオーガニックのウェアルーUV」を使っています。 なぜなら、それは、紫外線吸収剤が使われていないから。 この「HANAオーガニックのウェアル ...

4
ほうれい線・たるみの改善には筋肉を引き締める効果の美容液を!

たるみの改善にあらゆるものを試す! 老けて見える「たるみ」 ほんとうに嫌ですね。 「たるみ」は、エイジングで嫌なもののたぶんベスト1か2だと思います。 (つまり、ワースト1か2です!) たるみがあると ...

5
「Bp300プラセンタ」と「エイジングリペア」を比較!どっちが勝ち?

以前の馬プラセンタの中でのトップ2 馬プラセンタのサプリメントを飲み始める前に、徹底的に調べて私の中でのトップ2は、 「TP200か?」 「エイジングリペアか?」 の2つでした。 一長一短で、簡単にい ...

6
アテニアの「スキンクリアクレンズオイル」の成分は?肌のくすみを取り除こう!

お肌のくすみ お肌のくすみは、疲れてみえる。 高校生の姪っ子に、会うたびに若い肌を羨ましく思います。 もちろん、ファンデーションも何もつけていない素肌です。 そして、鏡で自分の顔を見ると、、、。 ため ...

7
白髪染めにうんざり!2016年モンドセレクション優秀品質金賞サプリは救世主か?

染めても染めても根元に白いものが・・・ 私の白髪染めのパターン。 やっと落ち着きかけてきました。 いろいろ渡り歩いたカラートリートメントの中からは、「ラサーナヘアカラートリートメント」に行き着いて、そ ...

8
顔や首元のプツプツ粒イボにさようなら!

☆老化現象の粒イボ 夏の強い紫外線を浴びたあとの秋のお肌は、乾燥しています。 乾燥が進むとお肌のバリア機能の役割をしている皮脂膜が作られなくなってしまいます。 その結果、お肌の新陳代謝のリズムが乱れて ...

-★食べてはいけない食材

Copyright© アンチエイジングウーマン美を追求☆10才若返る美容法教えます♪ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.