★食べてはいけない食材

蟹缶の酸化を防ぐ添加物、亜硫酸塩!アンチエイジングのためにはできるだけ食べない方がいい!

投稿日:2017年3月3日 更新日:

海外のお料理レシピ

仕事がら、海外のお料理レシピを見る機会が多いです。

最近、見つけて、さっそく作ったサラダは、下記!

(写真は、そのレシピより)

レシビには、カニ肉のかたまりとあったので蟹缶を使いました。

適当に、お野菜とアボガドと、蟹缶を、マヨネーズで和えて、半分に切ったアボガドの上に乗せるだけなのですが、お洒落で美味しい!

でも、蟹缶は待った!

今回は、スーパーに、蟹肉が売ってなかったし、また、すいぶん長い間、蟹缶は買っていなかったので、「まあ たまにはいいか!」と思い使いました。

でも、本当は蟹缶は、避けた方がいい。

できるだけ普通のボイルしただけの蟹肉を使うようにしたいものです。

酸化を防ぐ添加物、亜硫酸塩

蟹の肉は、酸素と結びついて、変色してしまいます。

その変色を防ぐために、酸化防止剤が使われています。

蟹缶に使われている酸化防止剤は、亜硫酸塩と言うもの。

この亜硫酸塩と言うキーワードで検索したら次のような言葉が出てきます。

亜硫酸塩 ワイン、亜硫酸塩 毒性、亜硫酸塩 食品添加物、

亜硫酸塩 漂白剤、亜硫酸塩 安全性、亜硫酸塩 頭痛、

亜硫酸塩 ドライフルーツ、亜硫酸塩 二酸化硫黄 etc

意外にも、ワインや、ドライフルーツにも含まれているのですね?

商品によっては亜硫酸塩ではなく、亜硫酸ナトリウムと書かれていることもあります。

スポンサーリンク

気になる人体への影響は?

亜硫酸塩って、さまざまな人体への影響が懸念されているのです。

亜硫酸と言うのは二酸化硫黄の水溶液中に存在するとされる酸です。

この二酸化硫黄は、気体になると亜硫酸ガスになって、工場の排煙や火山ガスに含まれる非常に毒性のあるガスになります。

また、亜硫酸塩は、動物実験でウサギに与え続けた結果出血が認められたり、神経炎、骨髄萎縮が認められています。その他にも、ビタミンB1の欠乏をおこし、子供の成長への悪影響が懸念されているのです。

ちょっと怖い記事も見つけました。

亜硫酸ナトリウムは、毒性が強く、人間の場合、4gを飲むと中毒症状が現れ、
5.8gになると胃腸に激しい刺激があります。

さらに、亜硫酸ナトリウムは神経にも影響するようで、

亜硫酸ナトリウムを餌に混ぜて、ラットに食べさせた実験では、

神経炎や骨髄萎縮が見られました。

ウサギを使った実験では、胃に出血が認められました。

出典:「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物:著:渡辺雄二より

なんだか恐ろしいですね。

もちろんこんな危険な亜硫酸塩(亜硫酸ナトリウム)が含まれていても成分の量は、国がきちんと管理していて、大丈夫な範囲での量なのでしょう。

そう信じたい!!

毎日、大量に食べ続けるのではなく、たまになのでいいでしょう。

そう自分に言い聞かせています。

アンチエイジングウーマンのポリシー

このブログでは、アンチエイジングに効果のあるサプリメントや、お化粧品を、私自身が実際に試してみて、いいな!と思ったものを紹介しています。

でも、アンチエイジングのためには、まずは食生活からです。

いくら老化に良いサプリメント飲んで、アンチエイジング効果のあるお化粧品を使っていても、体に悪いものを、口から入れたら、どんな努力も意味がなくなります。

アンチエイジングの優先順位

1位:体に良いものを毎日食べる事!

2位:体に悪いものは、食べない事!

3位:(1位と2位を守った上で)アンチエイジング効果のあるサプリメントを飲んで、アンチエイジング効果のあるお化粧品を使う事。

4位:アンチエイジング効果のあるエクササイズをする(表情筋体操など)

5位:気持ちを明るく前向きに!

できるだけ、体に悪いものは、食べないようにしましょう!

私も今度、この蟹サラダon アボガドを作る時は、蟹缶でなく本当の蟹肉を使おうと思います!

  by ヴィクトリア


 

スポンサーサイト

人気の記事ベスト8

1
ライスパワーNO.11比較!「ライスフォース」VS「ライースリペア」どちらが勝ち?

ライスパワーNO.11で有名な「ライスフォース」 ケーブルテレビを見ていると、最近「ライスフォース」のコマーシャルをよく見かけます。 ライスパワーエキスを使った化粧品として有名ですね。 宣伝のキャッチ ...

2
「SK-2」VS「アルケミー」発酵系化粧品どちらがいいですか?

SK-2のお化粧品を使っていました。 以前、私は、SK−2のお化粧品を使っていました。 有名な「ファイシャル トリートメント エッセンス」 それから、美容液も! 「フェイシャルトリートメントリペアC」 ...

3
日焼け止めを選ぶ前に、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを知ろう!「HANAオーガニックのウェアルーUV」は紫外線吸収剤不使用!

日焼け止めに何を使っていますか? 私は、日焼け止めに「HANAオーガニックのウェアルーUV」を使っています。 なぜなら、それは、紫外線吸収剤が使われていないから。 この「HANAオーガニックのウェアル ...

4
ほうれい線・たるみの改善には筋肉を引き締める効果の美容液を!

たるみの改善にあらゆるものを試す! 老けて見える「たるみ」 ほんとうに嫌ですね。 「たるみ」は、エイジングで嫌なもののたぶんベスト1か2だと思います。 (つまり、ワースト1か2です!) たるみがあると ...

5
「Bp300プラセンタ」と「エイジングリペア」を比較!どっちが勝ち?

以前の馬プラセンタの中でのトップ2 馬プラセンタのサプリメントを飲み始める前に、徹底的に調べて私の中でのトップ2は、 「TP200か?」 「エイジングリペアか?」 の2つでした。 一長一短で、簡単にい ...

6
アテニアの「スキンクリアクレンズオイル」の成分は?肌のくすみを取り除こう!

お肌のくすみ お肌のくすみは、疲れてみえる。 高校生の姪っ子に、会うたびに若い肌を羨ましく思います。 もちろん、ファンデーションも何もつけていない素肌です。 そして、鏡で自分の顔を見ると、、、。 ため ...

7
白髪染めにうんざり!2016年モンドセレクション優秀品質金賞サプリは救世主か?

染めても染めても根元に白いものが・・・ 私の白髪染めのパターン。 やっと落ち着きかけてきました。 いろいろ渡り歩いたカラートリートメントの中からは、「ラサーナヘアカラートリートメント」に行き着いて、そ ...

8
顔や首元のプツプツ粒イボにさようなら!

☆老化現象の粒イボ 夏の強い紫外線を浴びたあとの秋のお肌は、乾燥しています。 乾燥が進むとお肌のバリア機能の役割をしている皮脂膜が作られなくなってしまいます。 その結果、お肌の新陳代謝のリズムが乱れて ...

-★食べてはいけない食材

Copyright© アンチエイジングウーマン美を追求☆10才若返る美容法教えます♪ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.